プロぺシアの情報館

何故、薄毛や抜け毛になるの?その理由は?

薄毛と抜け毛、男性型脱毛症になってしまう理由は?

薄毛男性

薄毛にはそれぞれのタイプに原因があり、男性と女性でその原因が異なります。

症状の多くは男性に表れ、この症状を男性型脱毛症(AGA)と言います。

男性の3人に1人が薄毛に悩むと言われていますが、薄毛の原因としてもっとも多いのが遺伝的要素と考えられています。

AGA進行のメカニズムは抜け毛と髪の成長のバランスにあると考えられています。

頭髪は頭部の皮膚の下の真皮層で生成され、皮下細胞から毛細血管を通じて栄養が送られ、毛乳頭細胞から毛母細胞へと成長し、毛根を作り上げます。

毛乳頭細胞は常に細胞分裂が行われ、毛根を成長させ頭皮から毛穴を通って出ると毛髪となります。

毛髪は人間の防衛機能として考えられ、頭皮、脇、陰部などに生え、細菌から守る役割や頭髪の場合、日照や防寒などの役割があると考えられています。

髪が生えるのは新陳代謝の一環として行われ、基礎代謝の衰えでヘアサイクルが乱れ、薄毛が進行すると考えられています。

ヘアサイクルとは抜け毛と髪の成長のバランスとなります。

髪の成長期は男性で通常2年から5年、女性で3年から6年と言われており、成長期を終えると代謝が始まり、新生毛が退化した毛根を押し出すかたちで脱毛が起こります。

人間の髪は10万本と言われています。

人間にとって正常な脱毛として考えられる本数は1日に100本と考えられていますが、これは全体の0.001%程度です。

しかし、1日の脱毛本数が150本を超えるようであれば、異常な脱毛と考えられます。

ただ、正常な脱毛でも成長期の間隔が短くなるとヘアサイクル全体が短くなり、次第に髪が細く衰えて薄毛へと進行します。

進行期のAGAの多くは髪が細くなった結果であり、意外にも本数は変わっていないことが多いです。

加齢により血液の循環が悪くなることや皮脂の分泌が過剰となり、毛穴を塞ぐことで髪の成長が妨げられることなどが原因であると考えられており、このような体質が親からの遺伝的要素が高いと考えられています。

髪の成長メカニズムと抜け毛の原因が分かると、抜け毛予防や対策も考えられるようになり、AGAが医療の側面での治療が行われるようにもなりました。

また、頭皮環境の改善が髪の成長を促すと考えられるため、正しい洗髪方法や育毛剤によるヘアケアが抜け毛予防と髪の成長につながると考えられています。

ストレスが自律神経の乱れを誘い、脱毛へと発展することや、抗がん剤投与による副作用として起こる脱毛もあります。

抜け毛が気になった場合は体内から薄毛や抜け毛を治すプロペシアを飲むと良いかもしれません。

プロぺシアの情報館