プロぺシアの情報館

プロペシアを服用するにあたっての気をつけなければいけないこと

プロペシアを使用する上での注意点とは?

CAUTION

プロペシアの副作用・注意点

プロペシアの副作用は、性欲がなくなったり、勃起しなくなる人がまれにいます。

気にしてしまうタイプの人は、症状を引き起こしてしまうことがあるので、注意が必要です。

精子が薄くなりますが服用をやめるともとに戻ります。

男性ホルモンが減少するため、服用中にやる気がなくなり、うつになる人もいます。

大きな注意点は肝機能障害を引き起こすこともありますので、もともと肝臓に問題のある人は、経過をみておくことです。

この薬は触っただけでも皮膚から吸収されるので、特に妊娠を望んでいる女性には危険です。

服用をやめて一定期間をおいてから、子づくりをすることです。

献血もできません。成長期の子供もホルモンのバランスをくずしてしまうので、使ってはいけません。

プロペシアと相性が悪い病気

プロペシアは薄毛に対しての育毛効果が高い薬として知られています。

その副作用や危険性について、様々な話がありますが、基本的には安全性の高い薬だといわれています。

プロペシアと関連があるとされている病気として、うつ病があります。

副作用の1つとして抗うつ症状という記載があります。

ですが発症率は低いので心配するほどではありませんが、うつ病の方にはおすすめできません。

またプロペシアは男性ホルモンを抑制するので、ED(勃起不全)の方は服用しない方がいいでしょう。

EDの悪化や性欲減退などの症状が出る危険性があります。

また肝臓に何かしらの病気がある方の服用は、禁じられています。肝機能が弱っている高齢者などは注意が必要です。

プロペシアを使用するとどれくらいで髪の毛が生えてくる?

AGAと呼ばれる男性型脱毛症の治療に使用される医薬品に「プロペシア」がありますが、定期的に医師の診療を受けられて処方された「プロペシア」を長期使用されることにより、髪の毛が生えるという効果が感じられます。

国内で行われた臨床試験においては、「プロペシア」を1日1回1錠を一年間飲み続けた場合、58%の方に改善効果が確認されています。

さらに二年間、三年間と長期使用されるごとに効果も高まっているものですから、定期的に「プロペシア」を長期使用されることが望まれます。

個人差がみられるものですが、「プロペシア」を長期使用されることで、髪の毛が改善したことを実感できるでしょう。

プロぺシアの情報館